歯科技工士の資格とは

歯科技工士の資格について

歯科技工士の資格の取得方法

歯科技工士は歯科医師の指示書に従って、入歯、歯のかぶせ物、歯の詰め物、矯正装置などの作製や加工、修理を行う職業です。個の資格を得るためには技工士の教育機関に入学し、2年あるいは3年の専門学校、または4年制の大学、または2年生の短大を卒業して、国家試験を受験して、合格すると、厚生大臣の指定する登録機関に申請する事によって、名簿に登録され、免許が交付されます。この仕事は芸術的な技よりも、科学的知識に裏うちされた丁寧で正確な技術が必要とされます。この仕事は手先の器用さが必要と思われますが、まず大切な事は、こつこつ努力する根気強さであり、新しい技術や知識の取得の必要がありますので、新しいことに対する好奇心や向上心が大切です。

歯科技工士という職業

歯科の職業は、先生や助手、衛生士、受付というイメージがありますが、実は入れ歯や銀歯を作るという大切な仕事をしているのが、技工士です。普段は技工所で働いていることが多く、患者さんの前にあらわれることは少ないですが、入れ歯の装着具合や、歯並びが難しい患者さんの差し歯の色や形をチェックすることもあります。中には、歯科医院で働いている技工士もいて、壊れてしまった入れ歯の修復などを短時間で行うこともあります。患者さんのお口の状態に合わせて、ひとつひとつ手作りで作り上げるので、オーダーメイドの治療が可能になります。

↑PAGE TOP