歯科技工士の法律とは

歯科技工士の法律について

歯科技工士も法律を知っている

歯科技工士として働いている人も、医療法などの関連する法律の基礎的な知識を身に付けておくことは重要になります。求人に応募する際も、テクニックだけではなく基礎的な知識を持っていることをアピールすることができれば、採用担当者からの評価も高くなることでしょう。技工士としての技術は仕事を通じて身に付けることができますが、法律関係の知識は自分自身で勉強していかなければ身に付けることができないので、自己研鑽は必要になります。歯科クリニックでも、基礎的な法的な知識を持っている技術者のほうが採用した時に安心できるでしょう。

技工士とはどんな職業でしょう。

歯科技工士のの主な業務は医師の指示に従って義歯や充填物、矯正装置などの作成・修理・加工をする仕事です。その他マウスピースや補聴器の作成なども行います。技術に加え科学的知識に裏打ちされた丁寧で正確な技術が必要とされ、コツコツと努力する根気強さと向上心が重要です。資格を得るためには間専門学校に2年通い国家試験に合格すること、または大学や短大などで所定の過程を終了し国家試験に合格すること、そして免許申請を行い晴れて免許を取得できるわけです。働く場所としては病院や歯科医院、技工所、材料メーカーなどが主ですが、日本は技術レベルも高く評価されており、多くの人が海外でも活躍しています。高齢者社会となった現在、義歯の需要も増えて技工士のニーズが上がっている一方、人材不足であるのが現状です。

↑PAGE TOP